読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病弱オタクは止まらない!

病弱です。アニメとか、バンドとか、日記とか書いてます

外国人は日本で働くべきではない。『好きか嫌いか言う時間』より。

シェアする
スポンサーリンク

本日番組を見ていて改めて思ったのだが、

現段階で私は『外国人は日本で働くべきではない』と思う。

『好きか嫌いが言う時間』での今回のテーマは

日本で働く外国人労働者についてだった。

日本に対する多くの不満や、意見を聞いていて

思ったことがあるため、まとめていく。

なぜ日本で働く?

これは大きく分けて2つあるようだ。

・日本の伝統文化を学ぶ(大工など)

・お金を稼ぐため。

この2つが大きな理由として挙げられる。

2つの項目に関して詳しく書いていく。

日本の伝統文化を学ぶ

これは日本でなければ正しく学べないため、当たり前だ。

寿司や、大工などが伝統技術や、文化として挙げられる。

好きだから、愛しているから、という理由で働きながら学ぶ、

また、弟子入りなどという形式を取ることもあるらしい。

お金を稼ぐため

まあ私は日本でぬくぬく育っているためわからないが、

日本の賃金は比較的高い、とされているため、

お金を日本で稼いで家族を楽にさせたい。と思う外国人が

働きに来るらしい。

なんで働くべきじゃない?

さて本題だ。

単純に、日本では外国人の受け入れをできるレベルに達していない。

これを理由とさせてもらう。

外国人労働者の問題として挙げられる多くのものは

『賃金問題』だ。

残業代金や、基本給の少なさ、

これがよく問題として挙げられる。

しかし、この問題を抱えているのは日本人も同じはずだ。

給料が不正だと主張すると『やめさせる』と言われると主張する人が居るが

それでやめないことを選んだとなると完全に個人の問題だ。

不正だと思うのならばやめてしまえばいい。

日本人も外国人もここに差はない。

そして合わなかったと思い母国に帰ることが最善だ。

あとは怒鳴られて理解できない、等もある。

これは、怒鳴る側にも問題はあると思うが、

言語の理解というコミュニケーションツールすら持たない状態で働く

ということを選択してしまった側にも問題は無いのか?

私も外国人に怒鳴られた経験はあるが、正直なにも理解出来なかった。

仕事場などではなかったため、後日のことを気にする必要もなかった。

言語の取得が不十分な状態で他国で働くことはあまりに愚かな行為である。

まとめ

現在外国人が主張していることは不思議と全て日本人にも当てはまるのだ。

賃金問題に関してもそうだ。

そして、日本人が外国で働き死のうが、詐欺にあおうが、それは全て自己責任だ。

他国で守ってもらおうなんて考えはあまりに甘えた考えであり、

とても正気の沙汰とは思えない。

日本という国はあまりに不安定だ。

英語すらもほとんどの人が話せない。

コミュニケーションが取れない時点で、受け入れなんて無理に等しい。

外国人が日本で働くには相応の覚悟が必要である。

最近は外国人が生活保護を受けているニュースなんかも話題だ。

なぜわざわざ来た!?と文句を言いたい。

それについて調べながら記事を書くのも面白そうだ。

以上になります。

日本語かなりおかしいなあ・・・

勢いに任せて書きました。

ご意見や、訂正等お待ちしております。

コメントとかいただけると嬉しいです。

では

ありがとうございました!